こんにちは [ログイン]   [会員登録]

ステイタス性”という尺度を知れば、嫌味なく自慢できる!


個別の時計ブランドに、一般の人がどれだけのステイタス性を感じるか。それは知名度とは別の意味で一流ブランドの明確な尺度となる。オーナーにとっても、所有するスーパーコピーことでどれほどの満足感を得られるかは気になるはずだ。
  この3つめの指標については、最新トレンド発信エリアの代表格である東京・表参道を行き交う人の声を直接聞いてみたが、2009年の前回調査時と大きなランキングの変動はなかった。嫌味なく答えてもらうため、質問は「憧れの時計ブランドは何ですか?」。おかげで率直な回答を得られたが、男女間であまりに異なる傾向となった。特に30代以上の男性は、時計にも多少の知識を持っている人が多くいわゆる大御所ブランドが上位を占拠。少し詳しい人だと、かなりの確率でA.ランゲ&ゾーネの名を挙げたことも記しておこう。対して女性の場合、上位を占めたのはフアッションブランド。そのなかで口レックスが2位と健闘したほか、4位にパテックフィリップが入ったのは、表参道ならではの現象か。いずれにせよ‘一流ブランドを正しく評価する土壌が、日
本にも生まれつつあるのは確かなようだ。

商品分类